Hello Malaysia

アプリde「宅配」

featcol今や、レストランのメニューもアプリを通じて、簡単&手軽にササッとオーダ 簡単&手軽に宅配注文できるお店をご紹介!! アプリde「宅配」 今や、レストランのメニューもアプリを通じて、簡単&手軽にササッとオーダーできるご時世。ならば、活用しなきゃ損!という訳で、今月はアプリで宅配オーダーができちゃうお店と各店のおすすめ料理を一挙ご紹介!※記事中のGrabアプリでの注文方法につきましては、予告なく変更される可能性があります Shakariki432” 家にいながら東南アジア各国の味わいを独り占め! Bottega Mediterranea おひとり様から子ども含めた家族まで万人で楽しめる! Esquire Kitchen 輸入食材使用の本格イタリアンをお手軽に! The Majapahit 酒のつまみから揚げ物・食事まで幅広くカバー!

静から動ではなく動から動へ

golfcol皆さんこんにちは。ゴルフの調子はいかがでしょうか。マレーシア 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて…鈴木秀純テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ 静から動ではなく動から動へ  皆さんこんにちは。ゴルフの調子はいかがでしょうか。マレーシアに来られたばかりの方が、常夏の気候でゴルフ中に熱中症になってしまうことがあります。スポーツドリンクとお水を交互に、1ホールに一口づつ程度、あまりガブガブ飲みすぎないようにしましょう。  さて今週はゴルフの構え(セットアップ)からスイング始動についてのお話です。ゴルフの構えからスイングが始動していく過程で、多くのアマチュアの方は体のすべてのパーツを一旦静止してしまっていることがあります。もしくは、一旦静止しなければいけないと勘違いしているのかもしれません。ゴルフには、野球の投手のようにマウンド上でセットアップしたら「一旦静止しなければならない」というルールはありませんので動いていても問題ありません。でもアマチュアの方のセットアップを拝見するとガッチガチの氷のように固まってからスイングを始動させてしまっている方が多い。これでは「静から動」に移っていくため、スイング中に体が良いパフォーマンスをしずらくなります。もちろん動きすぎてはいけませんが、足の裏で体重配分を感じたり、足の指を動かしたり、手や膝や腰や肩の位置を確認しながら、ほんの少し体を動かしている方がリラックスできて良いのです。常に体のパーツのどこかが動いている状態でスイングを始動すると「動から動」へと移っていくため体のパフォーマンスは良くなるのです。  ゴルフスイングが「動から動」へとなるための練習方法をご紹介しましょう。方法は簡単です。ボールを打つ際に「歩きながら」ボールを打ってみるのです。ボールから少し離れて立ち(右打ちの場合)左足を数センチから30センチほど前に出しながら、バックスイングを始めます。最初ボールを打つのが難しければ「歩きながら」の素振りでも良いでしょう。「動から動」の意味を体得しやすくなりますのでお試しください。 テンプラーパークCCゴルフアカデミーTel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617Email: hidezumi2263@gmail.comWebsite: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson

感覚と現実のあいだ

golfcol皆さんこんにちは。ゴルフの調子はいかがでしょうか。常夏のマレー 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて…鈴木秀純テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ 感覚と現実のあいだ  皆さんこんにちは。ゴルフの調子はいかがでしょうか。常夏のマレーシアでは毎ホールコマメに水分補給をしましょうね。さて今週は、ゴルフの「感覚と現実のあいだ」についてのお話です。ゴルフは一旦スイングが始動すると自分の腕とゴルフクラブが視界から消え、体の後方でそれらを動かす必要があります。そのため「感覚と現実のあいだ」に誤差が生じやすいものなのです。そこで下記のマトリックスの図を用いて、縦軸に 「感覚」、横軸に「現実」をおいて整理をしてみたいと思います。自分のゴルフを上達させるには、この「感覚と現実のあいだ」を理解して練習することが必要になってきます。  まずAゾーンについて。感覚的にやっていることと現実にやっていることが一致している状態です。次にBゾーンです。感覚的にやっていないいけれど現実にやっている状態です。次にCゾーンです。感覚的にやっているけれど現実にやっていない状態です。そしてDゾーンです。感覚的にやっていないことと現実にやっていないことが一致している状態です。AとDのゾーンは、感覚と現実が一致しているため問題が発生しにくい状態にあると言えます。ところがBとCのゾーンは、感覚と現実に誤差が生じてしまっているためミスショットになってしまうのです。  例えば、オーバースイングが原因でミスをしてしまう方は、「現実」にはトップでクラブヘッドが視界の左側から見えるくらい行き過ぎていているのですが、「感覚」的にはそれを適切なトップの位置だと錯覚しているのでダウンスイングで体の回転とクラブのタイミングが合わなくなりダフリやスライスになってしまいます。これがBゾーンの状態です。  Cゾーンの状態の具体例は、多くの初心者の方がインパクトで「感覚」的にフェースを目標に対して真っすぐに戻そうとして、「現実」にはフェースが真っすぐにならず開いて(開かされて)ボールを打ってしまいスライスボールになる場合です。ゴルフクラブという道具は、フェースを閉じ(左旋回し)ながら動かすとボールが真っすぐに飛ぶ道具なのですが、初心者の方はそれ(左旋回)をするとボールが左に飛んでしまうと錯覚して「現実」には正しいゴルフクラブの使い方をしていないのです。  このようにゴルフには「感覚と現実のあいだ」にいろいろな誤差が生じます。他にもたくさんありますので、それを一つ一つ認識していく作業が練習といえるのでしょう。 テンプラーパークCCゴルフアカデミーTel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617Email: hidezumi2263@gmail.comWebsite: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson