Hello Malaysia

乱読のかけら (2020年11月​)

pbcol満洲裏史、永遠をさがしに、この冬、いなくなる君へ、革命前夜、小説 渋沢栄 乱読のかけら (2020年11月​) 満洲裏史 太田尚樹 講談社文庫(2011年8月12日・初版) この本は内容的にも、記述的にも、今まで読んだ本の中で最高の10冊の中に入ります。近代史の真実がこれほど読み易く、かつ整然と論理的に書かれた本は中々お目にかかれません。甘粕正彦と岸信介に関して私の持っていた情報が一新され、満洲とがとてもクリアに見えてきました。 永遠をさがしに 原田マハ 河出文庫(2019年9月20日発行) 主人公が世界的に有名な指揮者の娘という設定ですが、展開する物語は普通の女の子のお話です。もうすぐ60歳になる私が少女に自己投影をしながら読むのは難しいので、それを全ての小説には期待できませんが、せめて父親に自己投影できるような物語にして欲しかったと思います。 この冬、いなくなる君へ いぬじゅん ポプラ文庫ピュアフル(2020年1月6日発行) 最近、ドラマチックでヘビーな内容の小説を多く読んできたので、この本のような軽いタッチの本には少し退屈してしまいました。最後の展開以外は実に平凡ですが、今の日本の若い世代の人には、普通の人に起こる少し不思議な状況が親近感の持てる内容なのかもしれません。 革命前夜 須賀しのぶ 文春文庫(2020年1月5日発行) 音楽愛好家の私としては、冷戦最後の時期の東ドイツに留学した、ピアノ専攻の日本人学生を主人公としたこの小説には、大いに共感、感動することができました。私も留学先で唯一の日本人学生という境遇で3年間を過ごしたので、その頃のことを懐かしく思い出しました。 小説 渋沢栄一(上・下) 津本陽 幻冬舎文庫(2007年2月10日発行・初版) 渋沢栄一を知るにはよい小説だと思います。しかしこの小説の中では、ある部分では渋沢栄一が生き生きと描かれていますが、ある部分ではただ履歴を追っているようで、途中でだれてしまっているのが残念です。できれば経済関係の業績をもっと深く追求して欲しかったと思います。 ベルリン飛行指令 佐々木譲 新潮文庫(2010年1月30日発行) 零戦をドイツに輸送するプロジェクトの話です。この小説の続編にあたる「ストックホルムの密使」を先に読んだので、この小説をぜひ読んでみたいと思い、読みました。特に零戦輸送のアジアや中東の経由地の当時の状況が、よく調べて書かれていることが素晴らしいと思いました。 翻訳&通訳なら桜コンサルタント社にお任せ!Tel: +603-5638 3001info@sakura.net.myhttp://www.sakura.net.my

乱読のかけら (2020年10月​)

pbcol歴史の定説100の嘘と誤解、日本人が誤解している東南アジア近現代史、空白 乱読のかけら (2020年10月​) 歴史の定説100の嘘と誤解 八幡和郎 扶桑社新書 (2020年3月1日発行・初版) この本の100のトピックは、教養といいましょうか、トリビアと言いましょうか、目から鱗が落ちる知識を提供してくれ、読んでいて楽しくなりました。私が常々思っていたことで、ズバリ簡潔に説明されていたのは、「文明より文化のほうが尊いという誤解」です。まさにそう思います。 日本人が誤解している東南アジア近現代史 川島博之 扶桑社新社 (2020年3月1日発行・初版) この本のマレーシアに関する記述には、きちんと調べず、思い込みで書いたと思われる箇所が多く、実に不快でした。他のアジア諸国の歴史や現状について、私は造詣が深いわけではないので、判断はできませんが、おそらく他の国のことも独断と偏見で書いているような気がします。 空白の日本史 本郷和人 扶桑社新社 (2020年2月20日発行) それなりに興味をそそるトピックが書かれていました。「源氏物語」の恋愛を不倫という視点から見たり、日本人が性に大らかであったことなど、真面目で四角四面な東大の日本史の先生という感じからは逸脱した内容を楽しく読ませもらいました。私の教養が少し増加した気がしました。 ブローティガン 東京日記 R・ブローティガン 平凡社文庫(2017年4月10日発行・初版) 福間健二訳 1976年に1カ月半日本に滞在したアメリカ人の詩人の詩集です。詩は翻訳されると訳者の感性が前面に出てきて、原作の味わいが薄れてしまうのは仕方がありません。しかしこの詩集は紀行なので、詩人の旅行の感想、それも私が高校1年生の頃の日本の感想を楽しむことができました。 霧の向こうに住みたい 須賀敦子 河出文庫 (2019年10月30日発行) イタリア文学の翻訳家の著者のエッセイ集です。感想は2つ。イタリアやフランスのことを書くと普通のことでも日本人にはありがたくなる。翻訳家の文章は、日本語にしては主語や人称代名詞が省略されていないことが多く、かつ1文が従属文を多く従え、長くなる。これは私も同じです。 21世紀の戦争と平和 三浦瑠麗 新潮社 (2019年2月25日発行) 徴兵制についての各国の状況を分析し、その役割を研究した本です。入念な調査と検証、研究への真摯な態度がにじみ出てくるような内容です。国の軍事増強のための徴兵制という制度は今やほとんど意味を持たず、徴兵制度が別の意味を持ち始めてきているということは驚きでした。 翻訳&通訳なら桜コンサルタント社にお任せ! Tel: +603-5638 3001 info@sakura.net.my http://www.sakura.net.my

乱読のかけら (2020年9月​)

pbcol聖書と歎異抄、新しい霊性を求めて、100歳まで読書、食べる投資、認知症 乱読のかけら (2020年9月​) 聖書と歎異抄 五木寛之・本田哲郎 東京書籍 (2017年4月20日発行・初版) カトリックの神父で大阪の釜ヶ崎でホームレスの人たちの救済活動をしていた本田哲郎と小説家の五木寛之の対談集です。五木寛之の物知り顔というか宗教知ったかぶりがちょっと鼻につきました。全く宗教体験のレベルの違う人たちが宗教を超えて語り合うのは無理だと思います。 新しい霊性を求めて 粕谷甲一 女子パウロ会 (2017年5月4日発行・初版) 霊性について学びたくて、この本を読み始めましたが、私が求めていたものはほとんど得ることができませんでした。やはり霊性や神秘体験というものは、言葉で十分に表現できないものであり、実際に体験して感じなければならないものであるということを再認識しました。 100歳まで読書 轡田隆史 三笠書房 (2019年11月20日発行・初版) 私も100歳まで生きて、読書ができればと思い、この本を読みました。しかし残念ながら、特に学ぶべきものはありませんでした。マレーシアの活動制限令下で私が最も時間を使ったのが読書で、読書は年をとっても一人で自宅で至福の時を経験できる最高の趣味だと思いました。 食べる投資 満尾正 アチーブメント出版 (2020年2月4日発行) 副題が「ハーバードが教える世界最高の食事術」なんで、すごいことが書いてあるのかと思いましたが、普通の健康本でした。日本の栄養学は20年遅れていると著者は書いていますが、どう見ても日本人にはアメリカ人のような超肥満はいないので、遅れていてもいいと思いました。 認知症予防のカキクケコ 菅原道仁 かんき出版 (2020年2月17日発行・初版) 最近物忘れが以前よりひどくなり、認知症に近づいてきているのかなあと思い、この本を読みました。しかしあっと驚く、目から鱗が落ちるようなことには、この本では出会いませんでした。今私に必要なのは、認知症対策や肥満対策になることを毎日実行するための方法だと思いました。 「こころ」はいかにして生まれるのか 櫻井武 講談社 (2018年10月20日発行・初版) 理系の本で、文系の私には結構きつい内容でした。「こころ」についてなんとなくわかったような気はしましたが、今、それを自分で説明してみろと言われたら、説明できないので、おそらくわかっていないのだと思います。私はやはり文系的アプローチで「こころ」を勉強してみます。 翻訳&通訳なら桜コンサルタント社にお任せ! Tel: 03-5638 3001 info@sakura.net.my http://www.sakura.net.my

乱読のかけら (2020年8月​)

pbcol共通語の世界史、日本語は哲学する言語である、言語が違えば、世界も違って 乱読のかけら (2020年8月​) 共通語の世界史 クロード・アジェージュ 白水社(2019年2月20日発行) 糟谷啓介・佐野直子訳 言語という切り口でヨーロッパの歴史が詳細に記述されています。言語と民族は必ずしも不可分ではないということがよく分かりました。商業、宗教、軍事などの影響によって人々が使う言語が、それほど長い時間を掛けずに変えられていくことがヨーロッパの歴史からよく分かりました。 日本語は哲学する言語である 小浜逸郎 徳間書店 (2018年7月31日発行・初版) タイトルと内容がかなり違っている本です。日本語の特徴についての記述が多く、日本語と哲学の関係についてはあまり突っ込んだ考察がなされていません。また著者がなんとなく普通でない思考回路を持っているので、本の内容がどんどん横道に逸れていくようにも感じられました。 言語が違えば、世界も違って見えるわけ ガイ・ドイッチャー インターシフト (2017年6月6日発行)椋田直子訳 ギリシャの詩人のホメロスが描く空が青くない、ということから始まった研究の歴史と著者の出した結論は実に興味深いです。またヨーロッパ言語の女性名詞、男性名詞に関する考察もおもしろいです。ヨーロッパの言葉をきちんと学んでいなくても興味深く読める楽しい学術本です。 ことばの哲学 関口存男のこと 池内紀 青土社 (2010年10月25日発行・初版) 東京・日本橋の丸善の哲学コーナーに並んでいたので、てっきり言語哲学の本と誤解し買ってしまいましたが、ことばの哲学についての記述は全くなく、関口存男というドイツ語の先生の伝記でした。結構変わった語学の勉強の仕方が紹介されていましたが、それが何?という感じです。 日本人の9割が知らずに使っている日本語 岩田亮子 青春出版社 (2020年1月25日発行・初版) 日本語に関する疑問を提起という意味では素晴らしいとは思いますが、その回答に貧弱なものが多く、私のトリビアの泉を満たしてくれるにはほど遠い内容でした。例えば、一番のトピックの浅草寺はなぜ「あさくさでら」でなく「せんそうじ」と読むのかという答えは「お寺だから」です。 ドレミを選んだ日本人 千葉優子 音楽之友社 (2017年8月31日発行) 「なぜ日本人がドレミを選んだか」の答えはこの本のどこにも書かれていません。明治から大正にかけての日本における西洋音楽受容の歴史が主に書かれています。ドレミ、つまりイタリアの音名がどうして日本で選択されたのかは謎のままです。実は「選択」はなかったのだと思います。 翻訳&通訳なら桜コンサルタント社にお任せ! Tel: 03-5638 3001 info@sakura.net.my http://www.sakura.net.my

乱読のかけら (2020年7月​)

pbcol音に聞く、沈黙の王、十二人の手紙、草花たちの静かな誓い、また、桜の国で 乱読のかけら (2020年7月​) 音に聞く 高尾長良 文藝春秋(2019年11月20日発行・初版) 哲学的な語彙を多用して、音楽のことを表現しようとした小説だと思います。私にはそれは失敗していると思いました。使用されている語彙が文脈の中でしっくりしていない部分が散見される。著者がこの本で何を描きたいのか分からない。何より小説として筋があまりにもつまらない。 沈黙の王 宮城谷昌光 文春文庫(2017年7月10日発行・初版) 中国の古代の物語は、舞台の設定がシンプルになるので、普通はあまり面白みがないと感じますが、この短編集は、面白さの焦点が絞られていて、エンターテインメントとしても決して悪くはないと思いました。そして著者の漢文書き下し調の文体がなんとも心地よく感じました。 十二人の手紙 井上ひさし 中公文庫(2020年1月30日発行) やっぱり井上ひさしは天才でした。最高です。こんなに面白い短編小説集にはなかなかお目にかかれません。どんでん返しこそが物語を読む楽しみと私は常々思っていますが、その意味ではこの本は全てにどんでん返しが仕込まれていて、読む人を思い切り楽しませてくれます。 草花たちの静かな誓い 宮本輝 集英社文庫(2020年1月25日発行・初版) まず4200万ドルの遺産相続で読者はこの小説に引きつけられます。そして従姉妹に起こった事件の真相が明らかにされていく中で、ハラハラ感を味わい、最後にハッピーエンドです。スリル、期待、興奮、感動を味わいたいなら、全ての要素が揃ったこの本はイチオシです。 また、桜の国で 須賀しのぶ 祥伝社文庫(2019年12月20日発行・初版) とても面白い本です。ナチス・ドイツに侵攻されたポーランドのワルシャワを舞台にした日本人外交官の活躍の物語です。主人公の白系ロシア人の父と日本人の母の間に生まれた日本の外交官のような人が、実在したかどうかはわかりませんが、日本のためにいて欲しいと思いました。 ショートショートの宝箱 光文社文庫編集部 光文社文庫(2019年6月25日発行) アメリカでは通勤途中に電車で短編小説を読むのが流行した時代があったと聞き、私も移動の時に読もうと思い、この本を買ったのですが、これは宝箱ではなく、玉石混交箱、それも玉の少ない短編小説集でした。物語は荒唐無稽すぎても興醒めするし、現実的すぎてもつまらないと思いました。 翻訳&通訳なら桜コンサルタント社にお任せ! Tel: 03-5638 3001 info@sakura.net.my http://www.sakura.net.my

乱読のかけら (2020年6月​)

pbcol大名倒産、危機と人類、大黒屋光太夫、バビロンの秘文字、ストックホルムの密使 乱読のかけら (2020年6月​) 大名倒産(上・下) 浅田次郎 文藝春秋 (2019年12月10日発行・初版) 膨大な借金を抱える大名家を継いだ側室の子の若殿が、様々な困難に立ち向かいながら、財政を立て直していく波乱万丈の物語です。若殿の純朴さ、先代の大殿の多重人格など、登場人物の設定が奇抜ですが、決して荒唐無稽さや性悪説が感じられないところが、浅田次郎の良さだと思います。 危機と人類(上・下) ジャレド・ダイアモンド 日本経済新聞出版(2019年11月8日発行) 小川敏子、川上純子訳 日本を含む7カ国の危機、つまり国難に関する研究で、内容は実に興味深く、素晴らしいと思いますが、全体的に上から目線で書かれた本であると感じてしまいます。また日本に対する事実認識がかなり前時代的リベラルな偏見に満ちていて、読んでいて随所で不快感を感じました。 大黒屋光太夫(上・下) 吉村昭 新潮文庫 (2005年6月1日発行・初版) 高校生の頃、井上靖の「おろしや国醉夢譚」を読んで、大黒屋光太夫と一行の漂流とロシア滞在の物語に興奮しましたが、この本で再度興奮と感動を味わいました。光太夫たちが帰国してからの研究が反映され、井上靖の小説より明るいエンディングになっているのがいいと思いました。 バビロンの秘文字(上・下) 堂場瞬一 中公文庫 (2019年1月25日発行・初版) スウェーデン、デンマーク、ドイツ、日本、イラクを舞台に、フリーのカメラマンの主人公が古代文書の研究者の恋人を救出するために奮闘するサスペンスです。この長い小説の中で、私は天才日本人少女がバビロン文書を解読するところがとてもスリリングで面白いと思いました。 ストックホルムの密使(上・下) 佐々木譲 新潮文庫 (2009年3月20日発行) 第2次世界大戦中のストックホルムを舞台にした情報戦を担った人々の手に汗握る物語です。この小説で注目すべきことはメインの登場人物のキャラが好感度抜群ということです。もし日本の上層部がこのような人たちの努力を正当に評価していたら、日本は変わっていたと思います。 怒る富士(上・下) 新田次郎 文春文庫 (2007年9月10日発行・初版) 新田次郎の山岳小説には中学生の頃、夢中になり、読み漁ったことがあります。この本はどちらかというと歴史研究的な要素が強い小説です。登場人物が歴史の中で翻弄される様子はよく描かれているのですが、他の山岳小説のような感動と興奮を誘う部分が少ないように思いました。 翻訳&通訳なら桜コンサルタント社にお任せ! Tel: 03-5638 3001 info@sakura.net.my http://www.sakura.net.my

乱読のかけら (2020年5月​)

pbcolクラシックへの挑戦状、グッドラック、祝祭と予感、さまよう刃、漱石紀行文集 乱読のかけら (2020年5月​) クラシックへの挑戦状 大友直人 中央公論社 (2020年1月25日発行・初版) 友人に勧められて購入し、ちょっと失望しました。指揮者・大友直人は偉大な音楽家かもしれませんが、文章には知性があまり感じられず、ただ自分の歴史を書いただけという本でした。タイトルから期待される、新たなクラシック音楽の姿はこの本には書かれていませんでした。 グッドラック アレックス・ロビラ他 ポプラ社 (2017年4月27日発行)田内志文訳 幸運を掴むためにはどうすべきかが、ファンタジー小説の中で描かれています。大人が読む本と言うより小学校高学年向けの本のような気がしました。結論を言えば、幸運は棚ボタ式には手に入れることはできない、諦めないで努力すれはうまくいくということを教えています。 祝祭と予感 恩田陸 幻冬舎 (2019年10月25日発行) 「蜜蜂と遠雷」の続編ということで、大きな期待に胸を膨らませ、読んでみましたが、読者が想定できてしまえる展開で、今回著者は音を言葉で表す作業をサボったような気がしました。できることなら、偉大な指導者のレッスンやコンクールの演奏の音の描写が読んでみたかったです。 さまよう刃 東野圭吾 角川文庫 (2019年8月10日発行) 娘をレイプ犯の少年に殺された父親が行う復讐を、思いきり応援してしまいました。この本はミステリの謎を解いて行く小説というより、結末がどうなるかを知りたくて読み進めるタイプの本です。未成年の凶悪性犯罪の扱いについて、社会に対して疑問を投げかけている内容にもなっています。 漱石紀行文集 藤井淑禎編 岩波文庫 (2018年12月14日発行) 夏目漱石が満州を旅行した時の紀行文、ロンドンに留学した時の下宿の話などが載っています。観光ガイドブック的な紀行文でなく、異郷の地に住む人々との交流を中心したエッセイですが、登場人物についての説明があまりないので、私には遠い昔の話以上でも以下でありませんでした。 マレー蘭印紀行 金子光晴 中公文庫 (2017年10月5日発行) 戦前に、マレー半島とインドネシアを旅行した金子光晴の紀行文です。当時、ゴム農園の経営などで、日本人がジョホール州の田舎に住んでいたことが分かりました。昔のマレーシアの様子が描かれ、現在も残るもの、全くなくなってしまったこと、とても興味深く読ませてもらいました。 翻訳&通訳なら桜コンサルタント社にお任せ! Tel: 03-5638 3001 info@sakura.net.my http://www.sakura.net.my

乱読のかけら (2020年4月​)

pbcol哲学と宗教全史、超訳 ニーチェの言葉、日本歌曲をめぐる人々、 乱読のかけら (2020年4月​) 哲学と宗教全史 出口治明 ダイヤモンド社 (2019年11月19日発行)訳 学生時代から哲学通史と言われる本を何十冊も読んできましたが、この本の著者ほど、取り上げられた哲学と宗教全てをほぼ完全に理解し、最初から最後まで自分の言葉で書いた人は、日本にも世界にもいないと思いました。名著です。 超訳 ニーチェの言葉 フリードリヒ・ニーチェ ディスカバー・トゥエンティワン (2016年5月20日発行) ニーチェは「神は死んだ」と言った人ですが、だからと言って人間社会が無秩序になり破壊されることを望んでいたのではなく、人々の処世術を見抜き、本来あるべき倫理を説いていたことをこの本から知ることができます。 日本歌曲をめぐる人々 畑中良輔 音楽之友社 (2013年2月28日発行・初版) 畑中先生は私が大学生の頃、慶應ワグネルの指揮者で、1度だけ演奏会の楽屋でお話をさせていただいたことがあります。畑中先生の生きた時代が、日本歌曲が生まれ、育った時代で、先生がその歴史の当事者であったことがよく分かりました。 本当の翻訳の話をしよう 村上春樹・柴田元幸 スイッチ・パブリッシング (2019年5月9日発行・初版) アメリカの戦後の小説を翻訳している2人の対談です。私には、ほとんど興味のない時代と国の小説家のことを語られても、ああなるほど、としか言いようがありませんが、1つ分かったことは、戦後のアメリカでの短編小説の位置でした。 寝るまえ5分のモンテーニュ アントワーヌ・コンパニョン 白水社(2018年1月10日発行) 山下浩嗣・宮下志朗訳 モンテーニュの「エセー」入門書です。内容が難しくて、この本を読むと5分で眠くなるのではなく、5分経っても止められず、どんどん読み進めてしまう構成になっています。モンテーニュの説く教訓はまさに彼の人生が生み出したものでした。 ハーバード大学は「音楽」で人を育てる 菅野恵理子 アルテスパブリッシング (2018年2月10日発行) ハーバード大学の65%の学生が楽器を弾ける、アメリカの有名大学のほとんどに音楽学科があり、専門教育をしているだけでなく、一般の学生もリベラルアーツの1つとして音楽を学んで単位を取得している、などが書かれていました。 翻訳&通訳なら桜コンサルタント社にお任せ! Tel: 03-5638 3001 info@sakura.net.my http://www.sakura.net.my

乱読のかけら(2020年3月​)

pbcolセンスメイキング、世界のニュースを日本人は何も知らない、先生も知ら 乱読のかけら (2020年3月​) センスメイキング クリスチャン・マスビアウ プレジデント社 (2019年1月29日発行)斎藤栄一郎訳 私がずっと思ってきたことを見事に書いてくれた!と感動しました。「乱読のかけら」のように様々な分野の本を読み漁ることが、「本当に重要な物を見極める力を育てる」とこの著者は主張し、それを世界の著名人の事例で実証しています。 世界のニュースを日本人は何も知らない 谷本真由美 ワニブックスPLUS新書 (2019年12月10日発行) この手の本は事実を克明に調べ、慎重に書かないと、少しの綻びで全体の信頼性が失われてしまうと思います。マレーシアではマレー系以外の民族が差別されているなどということが書かれていますが、そういう断定はよくないと思います。 先生も知らない経済の世界史 玉木俊明 日経プレミアシリーズ (2017年9月8日発行・初版) 母校の後輩が書いた本ということで、贔屓目に見ているわけではありませんが、この手の本としては良い本だと思います。経済という切り口で世界の歴史を読んでいくことで、隠されていた歴史の事実が明るみに出てきたように思いました。 疲れたら動け! 小林弘幸 クロスメディア・パブリッシング (2019年8月1日発行・初版) この本が言いたいことは、体を動かして血の巡りをよくすれば、疲れない身体になるということだと思います。この本によると、夜寝ている時に何度も起きる私は不眠症だそうで、不眠症対策をしなければならないと思いました。 『空腹』こそ最強のクスリ 青木厚 アスコム (2019年10月21日発行) 「世界最新の太らないカラダ」(ジェイソン・ファン著)を読んで、毎日12時間以上何も食べないことを続けた結果、半年経って、悲願の体重70キロ台を達成することができました。この本も同じメソッドを提案しています。 勉強の哲学 千葉雅也 文藝春秋 (2017年5月25日発行) 私にはこの本の内容がよく理解できませんでした。私がちゃんと勉強していないので理解できないのか、それとも著者の頭が混乱しているからか、読者が理解できない記述をしているのかは分かりませんが、難しい本であることは確かです。 翻訳&通訳なら桜コンサルタント社にお任せ! Tel: 03-5638 3001 info@sakura.net.my http://www.sakura.net.my