Hello Malaysia

ミシュラン掲載おめでとうございます!

btscol今月号でご紹介した「 Vantador」といえば、昨年から当地で始まったミシュ Vantador www.vantador.co ミシュラン掲載おめでとうございます! 今月号でご紹介した「 Vantador」といえば、昨年から当地で始まったミシュランガイドに掲載になったお店としても話題。先日、食事会で足を運ぶ機会があったのですが、ドライエイジングされたステーキが、こんなに美味しいものかとびっくり。ソースが色々用意されているのですが、英国王室御用達「マルドン」のフレーク塩で頂くのが、一番シンプルにお肉の味わいを堪能できて自分好みでした。 同店担当のTessyさんに、「この前のお食事会で『塩やソースだけでなく、山葵があったらいいかも!』という声が挙がったよ」と、取材時にお伝えすると、「美味しそうね。いいアイディアをありがとう!」と一言。 取材で訪れた1月某日は、お店の前に「ミシュラン2023年版掲載」のステッカーが貼られていましたよ。将来、星獲得を目指して突き進む同店、今後が益々楽しみですね。 半個室や完全個室もある同店。ファーストフロアの半個室には、現マレーシア国王が来店された際の記念写真(写真左奥)も。 この記事のお店です! Vantador www.vantador.co

チョコレートは奥が深い。

btscol昨年12月号のクリスマスギフト特集でご紹介した、マレーシア産のカカオを使っ Chocolate Concierge IG: chocconcierge チョコレートは奥が深い。 昨年12月号のクリスマスギフト特集でご紹介した、マレーシア産のカカオを使ったチョコレートブランド「チョコレートコンシェルジェ」。取材時に担当の方から「チョコレートのテイスティングしてみる?」と、異なる産地のカカオを使ったチョコレート5枚が、目の前に並べられました。1つずつ頂きながら、味の深さ、酸味、苦味、複雑さ、渋み、余韻を自分なりに採点。こんなにも色々な角度から真剣にチョコを食べたのは初めて!特に、苦味と渋みの判断が激ムズでしたが、自分の好みの味を知るいい機会に!ちなみに私は酸味が強い方が好きかな。 ジョホール、クランタン、パシールプトゥ、KLなど、マレーシアと言っても育つ環境によってカカオの味が変わるのが、チョコレートの面白いところ! 鉛筆を握り、いざテイスティングにチャレンジ!0〜5の数字で、味の評価をしていきます。 バーチョコレートのパッケージには、使用されているカカオがプリントされているよ!どれもマレーシア産だから、日本へのお土産にも良いですね♪ この記事のお店です! Chocolate Concierge IG: chocconcierge

「希望の水」を頂きながら和食に舌鼓!

btscolコンコルドKL内にある「和真」で取材があった先月。マーケティングチームの Kazuma Japanese Restaurant Level 1, Concorde Hotel KL 「希望の水」を頂きながら和食に舌鼓! コンコルドKL内にある「和真」で取材があった先月。マーケティングチームのJuliniさん、Feliciaさんと共に和やかに撮影が進みました。試食タイムには「折角だから、松セットと一緒に日本酒をどうぞ」と言っていただき、同店マネージャーのKevinさんが選んでくださったのは、「醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦 EAU DU DESIR(希望の水)」。フランスの三つ星レストランでもオンリストされている名古屋の名酒で、エレガントなやさしい口あたりが、記事で紹介したセット「松」の寿司盛りの繊細な味わいにマッチしていました。 レモンやグレープフルーツのような柑橘系の香りは、同店の酢飯にも合って、これは美味!冷酒で頂きましたよ。 麺と丼を1品ずつ選ぶ、大好評のセットランチは、税込でRM39と、ホテルのダイニングながら、とってもリーズナブル。サラダとフルーツ、お茶付きですよ。 定食メニューだけでなく、一品メニューも豊富な同店なので、「鍋焼きうどん」のようなデイリーメニューも。ダシの口当たりがやさしく、当地の辛い料理で胃が疲れた出張者さんにもオススメです。 この記事のお店です! Kazuma Japanese Restaurant Level 1, Concorde Hotel KL

山泉ポークは、赤ワインと共に楽しむべし!

btscol当地のブランド豚といえば、「桜ポーク」ですが、グルメなローカルの中には、 ShanQuan Meat Store IG: @shanquan_meatstore 山泉ポークは、赤ワインと共に楽しむべし! 当地のブランド豚といえば、「桜ポーク」ですが、グルメなローカルの中には、豚の味わいが淡白すぎるという方も。タマンデサの「ShanQuan Meat Store」で今回ご紹介いただいた「山泉ポーク」は、ペラ州で育ったブランド豚なのですが、良質な大豆とコーン、そしてペラの湧水のみで育った豚で、出荷される前に瞬間冷凍してKLの同店に直送されるので臭みが全くなく、肉本来の甘みが濃厚。「うちのローストポークには、赤ワインだよ!」と、同店のLawrieさんに教えていただき、お言葉に甘えて実食させていただきました。 Lawrieさんは、マレーシアのソニーに20年勤めたご経験を持つ親日家。「日本語を、まだ少し覚えているので、パノーラ読者の方が来店して何か困ったことがあったら気軽に声をかけてください」と気さくなお人柄でした。 生ビールに缶ビール、各種ワインは、その時々のプロモに注目!取材時は豪州産の著名ワインが2本でRM98と「スーパーより安いー!」と思わず叫んでしまいました。 記事内でご紹介した「プデチゲ」の中にも隠れていた、山泉ポーク使用のジューシーな自家製餃子。冷凍餃子ってイザって時に便利なんですよね〜。餃子のタネのみも冷凍販売してます。価格もお手頃! この記事のブランドです! ShanQuan Meat Store IG: @shanquan_meatstore

5周年記念祭に参加してきました!

btscol12月2日と3日の2日間にわたり行われた美容クリニック「The LUSH Clinic」 The LUSH Clinic FB: TheLushClinic IG: TheLushClinic 5周年記念祭に参加してきました! 12月2日と3日の2日間にわたり行われた美容クリニック「The LUSH Clinic」の5周年記念祭に呼んでいただきました。クリスマスが近いということで、トナカイの耳をつけたスタッフさんがゲストをお出迎え!ビュッフェ形式の軽食をいただきながら、日本語通訳者を介し気軽に医療美容について質問ができ、2日間で100人以上が参加したイベントは大成功に終わりました。 日本語が通じるから、細かい要望も伝えられ、安心して美容施術が受けられますよ。 当日は、脂肪冷却施術機械「クラツー」のデモンストレーションも行われました。 話題の「プロファイロ」の紹介も。従来のヒアルロン酸注射と比べて、より自然な仕上がりになるんだとか。 この記事のお店です! The LUSH Clinic FB: TheLushClinic IG: TheLushClinic

「日本の完璧な手仕事」を、日々目指すAwさんの姿勢に感激

btscol12月号の取材で足を運んだ、イポーの「HAMI Ecofarms」。約2時 HAMI Ecofarms IG: hami.ecofarms 「日本の完璧な手仕事」を、日々目指すAwさんの姿勢に感激 12月号の取材で足を運んだ、イポーの「HAMI Ecofarms」。約2時間自分一人で運転してイポーに行くのは、初めてだったので緊張しましたが、オーナーAwさんのおかげで、繊細なマスクメロン栽培についてたくさん学ぶことができた1日でした。編集ようこの地元・青森も、メロン栽培において日本で5本の指に入る一大生産地なのですが、実際のメロン畑を目にしたのは今回が初めて。1つの果実を育てるのにこんなに手がかかるとは!同社のメロンを頂く度、甘さと真心が伝わるような気がします。 「マスクメロン栽培は、一日たりとも目を離せない、繊細な仕事」と教えてくれた、Awさん。厳しい眼差しの奥に、メロン一つひとつへの愛情を感じます。「12月のパノーラ発刊以降、飲食店さんからのお問合せも増え、嬉しい限りです」とAwさん。 「ローカルの方は大玉を好むけれど、日本人の方には小玉が人気だよ」と、当地の大きさによる人気の違いも教えてもらいました。収穫間近のマスクメロンは、上品で甘〜い香りが漂いましたよ。 (本誌編集☆ようこ) メロンのハウスの隣には、パッションフルーツ農園も。人生で初めて、パッションフルーツの木を見て感激しました。皮には赤と黄色の2種がありますが、黄色の方が甘さが濃厚。自分で採って食べる贅沢な一時に感謝。 この記事のお店です! HAMI Ecofarms IG: hami.ecofarms

「ジャム」の奥深さを知りました。

btscol12月号でご紹介した、”行列ができる”ベーカリー・カフェ「クロッセリー」の Croisserie Artisan Bakery https://croisserie.com.my/store/ 「ジャム」の奥深さを知りました。 12月号でご紹介した、”行列ができる”ベーカリー・カフェ「クロッセリー」の、フェスティブシーズン限定アイテム。掲載した12品は、全て、編集ようこが実際に試食させていただき、文字通り、夢のようなひと時でした。どれも美味しくて感動したのですが、一見シンプルなのに衝撃だったのが「イチジクといちごのジャム」。記事内で紹介した、チキンとパテのパイ包みと合わせてご馳走感を楽しむ頂き方は、フルーティな甘さと塩気のバランスがよく、何とも言えない味わい深さ。友人とのパーティに持参した時も大絶賛でした。来年また発売されるのを、今から楽しみにしています。 同店のケンシェフが「年末年始は自宅でゆっくり食事する機会も多いからか、バゲットがよく出るんだよ」と言いながら「イチジクといちごのジャム」とお店で使っている仏産バターを挟んだバゲットを出してくださいました。贅沢に使われている果物の甘酸っぱさをダイレクトに感じられる、贅沢な食べ方! 記事で紹介した「サントノーレ・キャラメル」は、実際は約20cmありますが、私の試食用に、わざわざミニサイズを用意してくれたケンシェフ。フランスのトップパティシエから手解きを受けたという本格派の味わいを、11月に一足早く試食できるのは、編集冥利に尽きます。 (本誌編集☆ようこ) フランスで1月6日の「公現祭」を祝って食べる「ガレット・デ・ロワ」。高品質のバターだからこその、リッチなアーモンド・フランジパンがほろりと口の中でとけました。 この記事のお店です! Croisserie Artisan Bakery https://croisserie.com.my/store/

まさにここは日本のカラオケ♪

btscol昨年11月にオープンした「カラオケまねきねこ」のAvenueK店に取材 Karaoke Manekineko https://karaokemanekineko.my まさにここは日本のカラオケ♪ 昨年11月にオープンした「カラオケまねきねこ」のAvenueK店に取材に伺いました。全35室あるカラオケルームは、大人数でのパーティに対応するお部屋から、カップルやご夫婦など少人数での利用に最適なサイズのお部屋など様々。一番コンパクトなお部屋のサイズ感はこんな感じ!と伝わるように、4人で入ってみたのがこちらのお写真です。なんだか日本のカラオケを思い出し、懐かしい気持ちになりました♪ 日本語、英語、中国語の曲を含む約35万曲が歌えるよ! 音楽のリズムやスピードにあわせて光るディスコライトやスタンドマイクなど、場が盛り上がるお部屋も! SPYxFAMILYや鬼滅の刃など、日本のアニメソングも充実しています! この記事のお店です! Karaoke Manekineko https://karaokemanekineko.my

全身のほくろ取りもできますよ

btscolチャイナタウンの「李先生脱痣中心」は、80年の歴史を誇る、秘伝漢方によ Lee SinSang FB: Lee SinSang Mole Removal Centre 全身のほくろ取りもできますよ チャイナタウンの「李先生脱痣中心」は、80年の歴史を誇る、秘伝漢方によるほくろ・シミ・イボ取りの有名サロン。在住邦人の間では、「長年気になっていたほくろやシミが根絶できる」と、絶大な人気を誇っています。店内は、ローカルの小綺麗なヘアサロンのような印象で、施術用の椅子がズラリと並んでいますが、店内奥には体のほくろやシミをとるためのベッドも完備。しっかりとカーテンで区切られているので、安心して施術を受けることができるんです。 こちらが体用の施術ルーム。中華系の間では、例えば、背中にほくろがあると「多くの苦労をする」と言う考え方があるので、除去を希望する方が多いそうです。同サロンでは、運気が上がる&下がるほくろのチェックも可能ですよ。 日本人顧客がとっても多い同サロンだけに、日本人向けの案内は日本語で用意されています。「お客様が私たちのために書いてくださったものを、ラミネートして大切に使っています」と話してくれたのは、先代の李先生の娘で2代目のジャネットさん。 ちなみに編集ようこは、今年1月に同店で小さいほくろを3つ取り、料金はRM65と格安でした。施術は20分程で終了と、超スピーディ。もうすぐ1年が経ちますが、バッチリ根絶できました。今ではどこにほくろがあったか覚えていないほど(笑)。 この記事のお店です! Lee SinSang FB: Lee SinSang Mole Removal Centre