Hello Malaysia

featcol
常夏のマレーシア、汗ばむ暑い日々にはアイスクリームが食べたくなりますよ

常夏のマレーシア、汗ばむ暑い日々にはアイスクリームが食べたくなりますよね。そこで今回読者レポーター葵が注目したのが、「ネスレ社」の大容量のバニラアイス。1.5リットルもあると食べ飽きてしまうかも…という心配はご無用!ひと手間を加えれば、ワンランクアップしたデザートが楽しめるんです。シンプルなフレーバーだからこそできる簡単アレンジ。お子様でもできる超簡単なデザートレシピから某ファストフード店のドリンクの味を再現したメニューまで目白押しですよ。

\今回使ったアイスはコレ!/
スイスに本社を置く、世界最大の食品・飲料会社「ネスレ社」のバニラアイスは、1.5リットルの大容量でRM8.60と破格!おしげもなく、思いっきり使えるので、アレンジメニューにぴったりですよ。
NestléVanilla Flavour Ice Cream
RM8.60/1.5L

ピーナッツミロアイス

材料
バニラアイス…..200g
塩ピーナッツ…..30g
ミロ(粉末タイプ)…..15g
ぬるめの湯…..適量

作り方
①塩ピーナッツを袋に入れ、木の棒などで叩き細かくする。
②アイスの上に❶・ぬるめの湯で溶かしておいたミロを振りかける。

市販のミロアイスよりも甘さ控えめ!塩気のあるピーナッツが味わいのアクセントを加えてくれます。カリカリとした食感もあって、少量でも食べ応え十分。満足感がいっぱいのデザートです。

春巻きの皮で
バニラソースがけクレープ

材料
バニラアイス…..50g
春巻きの皮…..1枚
バター…..大さじ1
ジャム…..小さじ2

作り方
➀バニラアイスをレンジで30秒加熱して溶かし、バニラソースを作っておく。
②春巻きの皮は三角形になるように、対角線上に4等分に切っておく。
③熱したフライパンにバターを入れて溶かし、春巻きの皮を入れ、軽く焼き色が付くまで焼く。
④❸をお皿に盛り、❶・ジャムをかけたら完成。

見た目は柔らかなクレープの様ですが、焼きたてはカリッとした食感です。バニラソースをかけているので時間が経つにつれて、ふんわり感が徐々にUPするなど食感の変化も楽しめます。

ふりふりアイス

材料
バニラアイス…..200g
マンゴー…..¼個
無糖ヨーグルト…..200g
牛乳…..1.5カップ

作り方
➀マンゴーを小さい賽の目に切る。
②全ての材料をタッパーに入れ、上下に振り混ぜてから、冷凍庫で一晩凍らせる。

材料をタッパーに入れ、ふりふりシェイクするだけで簡単に作れるので、お子様と作るのにオススメ。マンゴーで彩りも良くなりますね。ヨーグルトと牛乳の効果でシャーベットのようなシャリッとした口当たりも、美味しさを引き立てます。

バニラサイダー

材料
バニラアイス…..150g
無糖の炭酸水…..1カップ
牛乳…..0.5カップ

作り方
➀ミキサーに、バニラアイスと牛乳を入れ、なめらかになるまで撹拌する。
②❶をグラスに注ぎ、炭酸水を注ぐ。

アイスと牛乳だけを混ぜると、誰もが一度は飲んだことあるマク○ナルドのバニラシェイクにそっくりの味!ココにあえて無糖の炭酸水を加えることで、喉がカラッカラに渇く暑い日でもゴクゴク飲めちゃうシェイクになります。

バニラアイスで?!
簡単生チョコトリュフ

材料
バニラアイス…..70g
板チョコ…..200g
ココアパウダー…..適量

作り方
➀鍋にバニラアイスを入れて、弱火で溶かす。
②❶の鍋に、適当な大きさに割った板チョコを入れて弱火で溶かす。チョコが完全に溶けたら火を止める。
③ラップを敷いたタッパーに❷を流し入れて、冷凍庫で1時間冷やし固める。
④❸を一口大の大きさに切って丸め、ココアパウダーをまぶしたら完成。

生チョコは生クリームで作るのが一般的ですが、市販の生クリームは1パック(200ml)約RM6はしますし、日持ちを考えるとアイスで作るのがコスパも良し!溶かした安いアイスとチョコ、どちらも油分多めで合わせたら分離しない?と思った方、しっかり固まるので心配ご無用です。レシピ通り冷蔵庫で冷やし固めてもいいのですが、試しに冷凍庫で冷やしたら凍らず生チョコ本来の柔らかさは健在。キリッと冷やした生チョコのなめらかな口溶けは格別です。お酒にも合いますよ!

パンプキンアイス

材料
バニラアイス…..100g
かぼちゃ…..50g
水…..大さじ1
砂糖…..大さじ1
醤油…..大さじ1

作り方
➀耐熱皿に細かく切ったかぼちゃ・水・砂糖・醤油を入れラップをし、レンジで3分加熱する。
②❶のあら熱がなくなるまで冷やす。
③❷をバニラアイスと混ぜる。
④冷凍庫で10分冷やしたら完成。

見た目はかぼちゃの煮物にバニラソースをかけたような(!?)風貌ですが、れっきとしたカチカチのアイスです(苦笑)。よりなめらかな口どけを求める方は、かぼちゃの皮をとって加熱&ペースト状にしてからアイスと混ぜてね。

COLUMN

葵のオススメアイス

Wall’s Asian Delight
Sea Coconut (RM2)

南国のマレーシアで、毎日暑くて食欲はないけれど冷たいアイスクリームなら食べられるといった方は多いのではないでしょうか?私は、マレーシアの甘すぎるアイスが苦手で、挑戦はしてみるもののやはり口に合わなかった…という経験をよくします。

でも以前ランカウイへ旅行に行った際、暑さとマリンスポーツの疲れから甘さを求めてふと立ち寄ったスーパーで、ココナッツ味のアイスを見つけました。それまで市販のココナッツ味のアイスをあまり見かけたことがなく珍しく思ったので、試しに食べてみたところ、コレが甘すぎなくてとっても美味しい。「Wall’s」社の「Asian Delight Sea Coconut」という商品で、値段はRM2でした。濃厚なココナッツミルクベースで、アイスの中にはツルンとしたシーココナッツの実が入っているので食感も良くあっという間に1本完食。滞在した4日間毎日食べたほど私好みど真ん中でした。

ところで、「シーココナッツ」って普通のココナッツと何が違うの?と気になったので調べてみると、シーココナッツは一般的なココナッツと同じヤシ科ですが、小ぶりで実の中身は透明のゼリー状。自然な甘さとなめらかなゼリーの食感を楽しめ、そのまま食べる他、甘煮にしたりもするそうです。確かに、アイスカチャンや中華系デザートで見たことがあるかも!と後から気付きました。私は同品の味がKLに帰ってからも忘れられず、見つけた時にはもちろん即買い。今でも、自宅でこのアイスを食べると最初に食べた時の感動がよみがる、思い出の味になりました。