Hello Malaysia

スーパー

日本の食品も手軽に手に入る当地のスーパー

KLをはじめとするマレーシアの都市部には、ローカルのスーパーに加え、駐在員などの外国人を対象にした「高級スーパー」があります。通常のスーパーにおいてある日用品や食品に加え、日本をはじめとする外国産の商品も非常に豊富で、値段は割高ではあるものの、味噌や醤油などの調味料、冷凍食品からお惣菜まで何不自由なく手に入れることができます。最近では桃や苺などの果物を中心とした旬の日本食食材も輸入される様になり、マレーシアにいながら日本の季節の味覚を楽しむことができる様になりました。

当地のスーパーは日本のスーパーと比べて大きく二つの違いがあります。まず一つ目に宗教的な対応の違いです。ムスリムの多い当地では、スーパーの店舗内にイスラム法で飲食や触れることを禁止されている食品を専門に取り扱う「ノンハラル ・セクション」と呼ばれるコーナーが他の商品とは別の場所に設けられています。「ノンハラル・セクション」では、豚肉や酒類を中心に購入することができ、中には日本酒や焼酎、生ハムなどを豊富に取り揃えているスーパーもあります。

「量り売り」が導入されていることも、日本のスーパーとの違いの一つ。すでにパック詰めされたものもありますが、ローカルのスーパーでは肉・魚・野菜などは量り売りが基本のスタイルです。売り場に陳列された商品をビニール袋に入れ、専用のカウンターに持っていくと、店員が重量を量り、値札のラベルシールを貼ってくれます。それを持ってレジに行くと会計ができるシステムになっています。慣れないうちは、ラベルを貼ってもらうことを忘れてしまうこともありますが、必要な分だけ購入できるので非常に便利です。

量り売りコーナーでは、店員が重量を量り、値札のシールを貼ってくれます。お会計は他の商品と一緒でOK。

ノンハラル・セクションではワインや日本酒、焼酎などの酒類に加え、ハムやソーセージ、豚肉のエキスが入った調味料などが販売されています。

本誌営業みか

日本人が多く住むエリア・近郊で営業するスーパーでは、日本の食材や調味料などの品揃えも豊富なので、海外で生活している感じはあまりしないですね。

ジャヤグローサー
Jaya Grocer
Tel: +603-7980-8999
www.jayagrocer.com