Hello Malaysia

出産

当地で出産する日本人家庭多数。安心の医療設備・サービスが充実

マレーシアの出産に関する医療技術は高水準で、一時帰国せずに当地で出産する日本人も多くなっています。日本との出産の違いも含め、一般的な流れや費用を知っておくと安心です。(以下の料金は全てプリンスコートメディカルセンターの場合)

出産前
妊婦健診は30週までは月1回、37週までは週2回、37週からは週1となるのが一般的です。日本で出産する場合は、35週までに帰国します。医師に航空会社へ提出する渡航許可レターをリクエストしてください。初診手続き料はRM50、医師診察料がRM235、エコー代がRM200~500となり、再診料は、再診手続き料RM5、医師診察料RM160~、エコー代RM200~500となります(種類や機種によって値段が異なります)。

分娩
分娩には、自然分娩(無痛あり・なしの2種類)と帝王切開があります。出産費用は、自然分娩(1泊2日)で RM12,000〜、帝王切開(2泊3日)RM15,000~です。部屋の料金は、スタンダード個室で1泊RM280、ジュニアスイートで1泊RM600です。なお、入院手続き時には、保証金を支払う場合がほとんどです。自然分娩(無痛を含む)の場合RM12,000〜15,000かかります。帝王切開の場合はRM15,000〜18,000となります。

出産後のお母様の健診回数と費用の目安
産後の産婦人科での健診は1回です。子宮の戻りや会陰切開の傷の確認、帝王切開の場合は傷の確認をします。費用はRM200~となっています。

入院時に持ち込めないもの
ドリアンなどのニオイのきつい果物は持ち込み禁止です。

日本での入院との違い
日本で出産する場合の入院期間は約1週間ですが、当地では2泊ほどで退院される方が多いです。アマさんと呼ばれる通い、あるいは住み込みのお手伝いさんを雇われたり、産後院(Confinement Centre)を利用される方も増えています。リクエストすれば、退院を延ばすことも可能です。また、マレーシアでは無痛分娩が主流です。出産でほぼ痛みを感じないだけでなく産後もたっぷり体力があり、ゆとりをもって育児ができるのが利点です。

当地で受けられる体外受精とその費用の目安
不妊治療(タイミング療法、人工授精、体外受精)が可能です。体外受精の費用の目安はRM20,000~です。

※RM1 = 25円

感染症予防のため、全て個室になっている私立病院もあります。

秦さん

マレーシアは日本と比べ出生率が高く、当地で出産をされる日本人の方もたくさんいらっしゃいます。海外での出産に不安を感じる方も、まずはご相談ください。

プリンスコートメディカルセンター
Prince Court Medical Centre
39, Jalan Kia Peng, 50450 KL.
Tel: +603-2160-0000
corporate.affairs@princecourt.com
www.princecourt.com