Hello Malaysia

WhatsApp利用

プライベートからビジネスまで当地で広く利用されている「WhatsApp」

メッセージアプリの「WhatsApp」は、当地では欠かせないツールの一つ。日本で親しまれている「LINE」と同じようなSNSですが、当地では友人や家族内とのやりとりだけではなく、会社内外への連絡ツールなどにも広く活用されています。日本ではあまり親しみのないWhatsAppですが、分布地は世界180カ国以上、20億人を超えるユーザーがおり、世界で最も使われているメッセージアプリとして広く使われています。マレーシアでは公私ともに必須アプリです。

WhatsAppは、他のメッセージアプリと同様に利用料は基本無料で、機能や操作方法はLINEとほとんど変わりませんが、唯一違うのが登録方法です。LINEに登録する際にはメールアドレスや電話番号、LINEIDなどの設定が必要なのに対し、WhatsAppは電話番号のみで登録することができます。すべてのWhatsAppアカウントに電話番号が紐付いているため、スマートフォンの電話帳に登録してある知り合いがWhatsAppユーザーであれば自動的にアプリにも同期されるシステムになっています。社内のスタッフやクライアントなど、電話番号を登録すれば、同時にWhatsAppで連絡が取れるようになるので非常に便利です。

当地では、テキストメッセージ機能と同様に、ボイスメッセージ機能が多く活用されています。特に使われているのが、運転中などの画面が注視できない状況や、すぐに手が離せない状況など。テキストを打つよりも簡単に操作ができるので、素早くレスポンスしたいときに活用されています。また、そもそもマレーシア人はおしゃべりが好きな国民性ということもあり、どんな状況でも会話が楽しめるという理由でも重宝されています。

使い方は非常にシンプル。「LINE」の使い方がわかれば、問題なく利用できます。

「WhatsApp」はアプリストアからダウンロードができます。

社内のメッセージツールとしての役割も

プライベートはもちろんですが、最近では社内のコミュニケーションツールとして導入する企業が増えているWhatsApp。LINEと同様にグループチャット機能があるため、案件ごと、部署ごとの連絡網としても活用されています。外出中でも、メッセージ受信時に通知が入るため、メールよりも素早いレスポンスができることもビジネスで利用されている理由の一つです。本誌編集部でも社内外のメッセージツールとしてWhatsAppを導入しています。

WhatsAppを利用する上での注意点

ビジネスで活用されることが多くなっているWhatsAppですが、クライアントや目上の方に最初からチャットで連絡を入れることはあまりお勧めできません。まずは一度、電話やメールなどでWhatsAppで連絡しても問題ないことを確認してから活用するようにしましょう。

本誌営業みか

2〜3年前までメールがメインでしたが、最近では、記事内容や広告デザインの確認など、お客様とのやりとりは、ほぼこのWhatsAppで行っています。