Hello Malaysia

公共交通機関

KL中心部は公共交通機関が充実!自家用車がなくても便利に移動可能

KL中心部は電車やモノレールなどの移動手段が発達しており、特に路線沿いに住む場合は、車を所有していなくても不便を感じることはありません。一方、日本人などの外国人が多く住むモントキアラ、バングサ地区などは電車網が未開発のため、車を所有していない場合は「Grab」などの配車アプリが一般的な移動方法となっています。

電車とモノレール 
KL市内を走る路線は、中長距離路線のKTMコミューターとKLIAエクスプレス&トランジット、短距離路線のLRT Rapid KLとKLモノレールの4種類です。KTMコミューターは近郊地域からKL中心部へ移動する際に利用されます。KLIAエクスプレス&トランジットは当地の主要空港であるKLIA/KLIA2とKLセントラルを結ぶ特急列車です。空港直通のKLIAエクスプレスは所要時間は約30分。渋滞や天候に左右されないことから、市内への最も早いアクセス手段として観光客や出張者などに重宝されています。一方、LRT Rapid KLはKL主要部と郊外を、KLモノレールは市内の主要部を結ぶ短距離路線です。主に郊外の住宅エリアからの移動手段として地元の人には日常的に利用されています。

バス 
KL市内と郊外には40種類以上のバスの路線があります。当地のバスには時刻表がないため、来たバスにのるというのがローカルルールとなっています。KL市内にはKLCCや繁華街ブッキ・ビンタンを結ぶ無料バスも運行しており、観光などで市内を周りたい時におすすめです。また、車社会の当地では鉄道網よりも長距離バス網が発達しており、各都市に加えシンガポールへの交通手段としても重宝されています。

タクシー 
当地の一般的なタクシーは「バジェットタクシー」と呼ばれる、赤色と白色で塗装されたセダンタイプのタクシー。10km=RM14(350円)程度と日本に比べて割安で利用することができます。その他に、空港送迎や1日貸し切りが可能な「ブルータクシー」があります。こちらは料金が高めに設定されていますが、それでも10km=RM24(600円)で利用することができます。ここ数年前までは、こうしたタクシーを利用しての移動が一般的でしたが、今やグラブなどの配車アプリの利用が主流となっていて、中でも外国人が流しのタクシーを拾って移動する機会は減っています。

※RM1 = 25円

本誌編集長シカウチ

マレーシアに暮らして30年程になりますが、公共交通機関でいうと、Grabによる配車アプリの登場が一番の衝撃でした。私自身も、ここ1〜2年は流しのタクシーを全く利用していません。