Hello Malaysia

センスを磨く

golfcolセンスがあるとかセンスがないとかよく言いますね。センスは日本語で感覚 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて… 鈴木秀純 テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ センスを磨く センスがあるとかセンスがないとかよく言いますね。センスは日本語で感覚や知覚と言ったりします。ゴルフというスポーツはセンスと出力(エネルギー)が重要になってきます。皆さんにはゴルフのセンスはありますか。結論から言うと皆んなセンスはあります。ただ磨いているか磨いていないかの差はあると言えるでしょう。ゴルフクラブを振ってボールを打ってミスショットをした時、フェースの何処にボールが当たったのかを感じるセンスが磨けているかどうか。トゥ(先)なのかヒール(シャフト寄り)なのかをボールコンタクトの知覚で感じられるようになる必要があります。ボールが右方向にスライスして飛んでいってしまった時にフェースが開いた感覚があるかどうか。上達してくるとだんだんゴルフクラブが自分の体の一部のように感じることができるようになってきます。このセンスはクラブを持っている手から感じるもなのですが。グリップを強く握り過ぎるとセンスが死んでしまいます。ゴルフには方向のセンスも必要です。自分が何処を向いているかを磨く必要があります。方向のミスの多くは右方向を向いてしまっています。また距離のセンスも磨かなければなりません。プロであれば1ヤード刻みの距離のセンスが求められます。アマチュアの方は5ヤード程度のセンスが必要です。自分の感覚と実際打った距離が一致しているかどうか。短いと思って実際に短くなっているか。大きいと思って短くなっている場合はもっとセンスを磨く必要があります。センスが磨けてくるとゴルフは益々楽しくなってきますしスコアーも良くなってきます。 テンプラーパークCCゴルフアカデミー Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617 Email: hidezumi2263@gmail.com Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson

ゴルフで相手の失敗を喜ぶな

golfcolゴルフのプレー中「相手の失敗を望んではいけない」なぜならその望んだこ 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて… 鈴木秀純 テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ ゴルフで相手の失敗を喜ぶな ゴルフのプレー中「相手の失敗を望んではいけない」なぜならその望んだことは自分に返ってくるから。例えば同伴者のバーディーパットの場面で「外せ」、「入るな」というネガティブな言葉を使って願ってしまうと、脳は自分と他人の区別ができずその言葉を理解してしまう。だから他人の失敗を願うと自分がパットを「外す」ことも同時に願ってしまうことになる。悪口も同じ。人の悪口を言ってる人は必ず自分に返ってくる。脳は自分と他人の区別ができないからだ。仮に誰かが自分の悪口をいっているのを聞いたらほっておけばいい。そんなくだらないことに自分の貴重な時間を奪われることが勿体無い。ゴルフはそうした人間の愚かさを許してくれない。きっちりゴルフ中に戒めてくれる。その人間性がでるスポーツなのです。日頃から自分の発する言動にどのくらい意識があるかどうか。言霊ともいうが、ゴルフは自分の発する言動でスコアーが変わってくるスポーツなのです。ゴルフ中だけ気をつけても効果はあまりない。日常的にどんな言葉を発しているか。自分で責任を取れているか。感謝しているか。一緒にゴルフをすればその人の人間性がよくわかってしまう。ゴルフをするならそんなことも解っておくといい。 テンプラーパークCCゴルフアカデミー Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617 Email: hidezumi2263@gmail.com Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson

クラブの長さが違えばテンポが違う

golfcolゴルフクラブは長さによって振り子の戻ってくるテンポが異なります。短いク 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて… 鈴木秀純 テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ クラブの長さが違えばテンポが違う ゴルフクラブは長さによって振り子の戻ってくるテンポが異なります。短いクラブは振り子のテンポが早く、長いクラブは振り子のテンポが遅い。初心者の方が短い9番アイアンで打てるようになってきた頃、長いドライバーのようなクラブの練習を始めると上手く打てないのは、このテンポの違いを理解せず9番もドライバーも同じようなテンポで振ってしまうから。ドライバーは遠くに飛ばすものだという認識があるのでついついゆっくりのテンポを忘れて9番アイアンのように早いテンポで振ってしまいがちです。ある人が5mくらいあるドライバーを作ってスイングしてみたところ、当然ヘッドが戻ってくるテンポはとても遅く9番アイアンのようには振れないのは一目瞭然でした。アイアンの調子が良いのにドライバーの調子がイマイチな日はこんなことも注意してみると良いでしょう。 テンプラーパークCCゴルフアカデミー Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617 Email: hidezumi2263@gmail.com Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson

ウェッジのソールを削る

golfcolゴルフクラブのセッティングの中でスコアーメイクには欠かせないウェッジ。 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて… 鈴木秀純 テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ ウェッジのソールを削る ゴルフクラブのセッティングの中でスコアーメイクには欠かせないウェッジ。今回もマレーシアのパブリカショッピングモール内にあるTPS GOLFさんに54度と58度のウェッジのソールをいい感じに削って仕上げて頂きました。 削る前の使用感はアプローチの短い距離でボールがフェースに上手く乗らず滑ってしまっていました。これを通称「ポッコン」と言います。その結果ボールにバックスピンが上手く掛からず距離感がズレやすくなっていました。TPS GOLFさんはこの原因がソールの形状にあると見抜きどの部分をどう削ればウェッジが生まれる変わるのかを説明してくれました。まずウェッジのソールに黒マジックでこれから削るところに色を塗ります。その後マジックで塗った部分を電動のグラインダーで削っていきます。これにはセンスと技術が必要で、クラブを削る人がそのクラブを使うプレーヤーの感覚を理解していないと上手く仕上がっていきません。通常ツアープロであれば各会場にメーカーのクラフトマンが帯同してプロ達の細かい要望に応えているのですが、マレーシアのKLでツアープロと同じサービスが受けられる。このセンスと技術を持つTPS GOLFさんは非常に貴重な存在です。ゴルフが上達したい方にとってアプローチの上達は必要不可欠。そのアプローチで最も使用頻度が高いウェッジをただ買ってそのまま使ってしまっている人は多いのではないでしょうか。ロフト、ライ角、バンス角、ソール形状が自分に合っていることがとても大切。是非読者の皆さんもこの素晴らしい使用感を味わって頂きたいと思います。ウェッジが自分の体の一部のような感覚になってくれますよ。 テンプラーパークCCゴルフアカデミー Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617 Email: hidezumi2263@gmail.com Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson

ドライバーのシャフト交換

golfcolドライバーで悩んでいる方必見です。今回はマレーシアのパブリカショッピング 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて… 鈴木秀純 テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ ドライバーのシャフト交換 ドライバーで悩んでいる方必見です。今回はマレーシアのパブリカショッピングモール内にあるTPS GOLFさんに私のドライバーのシャフト交換をして頂きました。ゴルファーの皆さんならご存知だと思いますが、最近のドライバーは通称「かちゃかちゃ」というネジで簡単にシャフト交換ができるタイプのドライバーやウッド、ユーティリティが増えてきました。これにより即座にいろんなシャフトを入れ替えて試打ができるようになっています。私のドライバーの悩みは後半になって飛ばそうとすると左に大きく曲がる所謂「チーピン」が出てスコアーに影響してしまうことでした。TPS GOLFさんに相談するとまず私のドライバーのスペックを測ってくれました。するとシャフトフレックスがスイングスピードに合っていないことと重量が軽すぎる問題点が見えてきました。 そこでTPS GOLFさんのスタジオにある弾道測定器で計測しながらいろんなシャフトを「かちゃかちゃ」で交換しながらボールを打って計測してもらいました。スイングスピード、ボールスピード、サイドスピン、打ち出し角度、バックスピン量、キャリー、総飛距離などの数値が全て弾き出されます。こうして選び出されたシャフトは自分に合っていないわけがありません。結論、私に合っていて一番飛んで左右にバラつかないシャフトはフジクラスピーダーNXグリーン50Sでした。このシャフトでのキャリー250ヤード、飛距離279ヤードという測定値でした。少し後でわかったことなのですが、このフジクラスピーダーNXグリーンというシャフトは2年連続女子賞金女王の山下美夢有選手、米国LPGAツアーで活躍する西村優菜選手、古江彩佳選手、吉田優利選手なども使っているそうです。実際にコースで使ってみても本当に飛んで曲がらなくなりました。是非皆さんも試してみてください。 テンプラーパークCCゴルフアカデミー Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617 Email: hidezumi2263@gmail.com Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson

打った瞬間声出し練習

golfcolパッティングの練習で私がよくやる方法をお伝えします。表題の「打った瞬間に 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて… 鈴木秀純 テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ 打った瞬間声出し練習 パッティングの練習で私がよくやる方法をお伝えします。表題の「打った瞬間に声出し練習」なのですが、、、 打った瞬間に大きいと言っているのに距離が合っていてもダメ。丁度いい距離と思ってカップに届かないのもだめ。真っ直ぐ行って入ったと思って右に外れたりもダメ。左に外れたと思って入ったりもダメ。自分が打った瞬間に感じた感覚と結果が一致するようにしていきます。最初はなかなか確率が上がらないかもしれませんが、繰り返し毎回意識してやっていると打った瞬間の感覚と結果が同じになってきます。これはアプローチやショットにも応用できます。特に中途半端な距離40~60ヤードのアプローチでやってみると面白いと思います。やろうと思ったこととやっていることを一致させる。この練習方法をやり出してかれこれ25年になります。ぜひ皆さんもゴルフ中に一人でぶつぶつ言いながらこの感覚を磨いてみてくださいね。 テンプラーパークCCゴルフアカデミー Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617 Email: hidezumi2263@gmail.com Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson

パターの芯でボールを打つ

golfcolめちゃくちゃ当たり前のことなのですが、パター(フェース)の芯でボールを打ちま 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて… 鈴木秀純 テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ パターの芯でボールを打つ めちゃくちゃ当たり前のことなのですが、パター(フェース)の芯でボールを打ちましょう。これができるとボールの転がりが良くなります。結構沢山の方々がこのシンプルで大切なことができていません。まず写真①や③のようにパターのソールを地面につけて構える人が多いと思います。この状態ですとご覧頂いてわかる通りフェースの芯がボールの芯よりも下にあります。ストロークをして戻ってきたインパクトでもこれと同じようにパターの芯が下にズレているとボールに勢いが伝わらないのです。インパクトでは写真②や④のようにソールが地面から少し浮いた状態即ちフェースの芯がボールの芯と一致している状態でインパクトする必要があるのです。ゴルフショップに行くとアイアンやドライバーのフェースに打痕が残るシール(インパクトマーカー)が売っています。これをパターのフェースに貼って確認してみるのも良いと思います。 テンプラーパークCCゴルフアカデミー Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617 Email: hidezumi2263@gmail.com Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson

腕の意識

golfcol腕は重いもの。そして肩甲骨と肩甲骨の間の背骨から腕がはじまってるような長 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて… 鈴木秀純 テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ 腕の意識 腕は重いもの。そして肩甲骨と肩甲骨の間の背骨から腕がはじまってるような長くて重い感覚を持つこと。4kgの重りを手で持ってスイングしてみるとこの感覚が掴めるようになってきます。ゴルフクラブの重さは300~400gですが、それでも4kgの重い物を振っているように感じることが大切。片腕の重さが3~5kgですので両腕で6~10kgの重いもの振っているような感覚も重要です。腕を重く長く感じるためには肩甲骨の羽の部分が腕の重さやクラブの重さでぶら下がっているつもりで。500mlのペットボトルに水を入れて手で持って振ってみるのもいいでしょう。この感覚を持ったまま下半身はブランコを漕ぐように地面反力を生む動きができればクラブは自然と振れてきます。最近筋力が落ちて飛ばなくなってきた方、女性で距離を伸ばしたい方、体は大きいのに飛ばない方、力があるのに飛ばない方、どうぞお試しください。 テンプラーパークCCゴルフアカデミー Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617 Email: hidezumi2263@gmail.com Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson

グリーンスピード

golfcolゴルフのボールを転がしてカップインするところをグリーンと言います。各ホー 好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて… 鈴木秀純 テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ グリーンスピード ゴルフのボールを転がしてカップインするところをグリーンと言います。各ホールに1つづつグリーンが作られていて上り下り左右の傾斜があります。グリーンの芝はフェアウェイやラフよりも短く刈り込まれていてほとんどのコースではフェアウェイやラフとグリーンの芝の種類が違います。グリーンキーパーというコースを整備する方達の腕の見せ所の一つが表題の「グリーンスピード」になります。どのくらい質の良いグリーンに仕上げられるかなのですが、その質の高さの指標の一つが「グリーンスピード」です。通常写真①のように10.0や8.0というフィートで表示します。これは写真②のようなスティンプメーターというレールのような物にボールを乗せてある角度まで手で持ち上げてボールを転がし、そのボールが何フィート転がるかをテストします。平らなところで3球転がしてその平均距離をフィートで計測します。通常営業のゴルフ場でグリーンスピードが10.0フィート出ていれば十分速いグリーンと言えます。また8.0フィートだと遅く感じたり、逆に12フィートまで出ているととんでもなく速く感じます。例えばマスターズが開催されるオーガスタナショナルGCのようなグリーンは通称「ガラスのグリーン」と言われ13.5フィートくらいのスピードで名手達でも四苦八苦するほどの仕上がりになっています。特に速いグリーンの下り傾斜のパッティングは距離感を合わせるのが難しく3パットしてしまうことがあるのもこれが大きな要因です。プロのトーナメントで下りのパッティングを残さないようにしてますよね。「グリーンスピード13.5フィート下り1m入れれば優勝賞金100万ドル」震える手で正確なパッティングが求められるのがゴルフの面白いところです。 テンプラーパークCCゴルフアカデミー Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617 Email: hidezumi2263@gmail.com Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson