contcolテレワーク導入について、日本は働き方改革の一貫から段階的に導入され

KOKUYO INTERNATIONAL (M)
KL GATEWAY, KUALA LUMPUR

アフターコロナの
オフィスの役割とは

テレワーク導入について、日本は働き方改革の一貫から段階的に導入されてきていましたが突如新型コロナウィルスの流行により多くの企業が一斉にテレワークにせざるを得ない状況になっていることと思います。ネット環境や日本においては印鑑等の問題もよく言われますが、今回は働き方・働く場としてのオフィスについて企業が抱えるであろう課題と、テレワークのメリット・デメリット、快適な仕事環境の3点についてお話させていただきます。

WORKSIGHT 副編集長/
ワークスタイル研究所所属 
リサーチコーディネーター
金森 裕樹(かなもり・ゆうき)

コクヨ株式会社に入社後、オフィス家具に関わる国内・海外の営業、マーケティング部門を経て2012年より成長する企業の働き方とオフィス環境を解いたメディア『WORKSIGHT(ワークサイト)』に携わる。ワークプレイスコンサルタント及びリサーチコーディネーターとし従事し、海外の研究機関・企業・設計デザイン事務所など多数の接点を持つ。

1

テレワーク全面導入時代に問われる企業の課題「オフィスはなくなってしまうのか?」

まずは働き方における課題ですが、大きく2つの課題が出てきます。

1つ目はマネジメントの変革。今までは島型のデスクで見渡せる距離で管理していた部下が、これからはにバーチャル上でのコミュニケーションが前提になってきます。その中で成果主義をどのように進め、管理していくかということが管理層への課題になります。

更に社員へのエンゲージメント(愛社精神)・社風をどう育てていくかということも課題にでてくるでしょう。今までは同じ空間で過ごすことで感じていた「会社らしさ」を感じにくくなり、また同僚間でもちょっとした相談ができる場がなくなることで協同作業へ影響もでてくることでしょう。単なる雇用関係以外の人と人との繋がりをどう今後つなげていくのか、今までとは違うリーダーシップが求められ、改めて会社としてのあり方を問われていると感じています。

また働く場所における課題では、今回の事態を機に、「作業するだけのオフィス」はいらない方向に向かうと考えられます。理由としては、経済悪化でより固定費を削減する方向は避けられないでしょう。短期的にはその方向になると思いますが、長期的に考えるとオフィスがなくすことはできないでしょう。

その場合、どのような機能がオフィスにもとめられているかということを改めて考えることが必要になります。「集まる場」としてのオフィスの役割が重要になってきます。具体的にはものづくり・プロトタイプ等を見るだけではわからない五感を共有する必要がある場合、またはオンラインによる知識の習得だけではないOJT的教育の場なども一定の空間が必要になってきます。タスクをこなす場から人と出会う・交流する・体験する場に寄せていく役割が重要になります。

2

テレワークのメリット・デメリット

既にテレワークを実施されていて感じる方も多いと思いますが、以下のメリット・デメリットが挙げられます。これらを踏まえながら、マネージメントは社員へより快適な働き方をサポートする姿勢が大切になってきます。

メリット
時間・スケジュールのコントロールが各自での裁量になる。
ワークライフバランスに繋がる(育児・介護との両立)。

デメリット
関係性が希薄になる。
社風・時間・勤怠管理などマネジメントの難しさ。
IT端末を使った仕事しかできない(オフィスでしかできない仕事への対応が必要)。

3

快適なWork from Homeの環境をつくるには?

長時間でも疲れない体勢で仕事ができる環境が重要です。その中でも椅子はとても重要です。

長時間座っていても蒸れない座面、自然な背骨の位置にフィットするランバーサポート付きの背面がある椅子を選ぶことで快適に作業ができると感じるはずです。また肘掛け付きの椅子をオススメします。パソコンと向かっている時間が多く、腕の重さによる肩や首の負担を肘掛けによって十分に軽減されるからです。

デスクワークを快適にする、優れたデザイン性と機能満載のスタッフ用チェアとして定番アイテムのEntry。また、キャスターで床を傷つけないためにも床の素材によって適したキャスターを選ぶことができます。

KOKUYO INTERNATIONAL (M) SDN.BHD. (484803-M)
E-31-08, Menara Suezcap 2,
KL Gateway, No. 2, Jalan Kerinchi,
Gerbang Kerinchi Lestari, 59200 KL.
Tel: +603-2720-2820
sales_kiml@kokuyo.com
www.kokuyo-furniture.com.my