Hello Malaysia

2020年下半期の経済状況についてエコノミストらは、国内および国外の経済

マレーシアの最新ニュース

LATEST NEWS

2020年8月19日

【マレーシア最新ニュース】

下半期の経済活動、
第2四半期より改善=エコノミストら

2020年下半期の経済状況についてエコノミストらは、国内および国外の経済状況が徐々に回復しているとし、第2四半期ほど深刻化しないと見ている。
中央銀行バンク・ネガラ・マレーシア(BNM)は先ごろ、第2四半期の国内総生産(GDP)成長率が17.1%のマイナスとなり、通年のGDP成長予想をマイナス3.5―マイナス5.5%に下方修正したと発表した。
格付け会社マレーシアン・レーティング(MARC)は、通年のGDP成長予測をマイナス5.5ーマイナス7%と予想。下半期のゆるやかな回復により、経済活動はそれほど低下しないとの見方を示した。世界的なロックダウン(閉鎖)が再び起こらないと仮定した上で、世界貿易が改善することでマレーシアの開放経済が恩恵を受けると予想。2021年の世界の貿易取引について世界貿易機関(WTO)が21ー24%回復すると予測していることから、マレーシアの輸出量も回復し経済成長を下支えする可能性があるとした。
またMARCは統計に基くと、不況から回復した年の個人消費の伸びは、一般的に低くなる傾向にあるとした上で、マレーシアの成長軌道は個人消費と投資に左右されると指摘。よって個人消費の回復は2021年になると予測した。また2021年の平均原油価格が1バレルあたり50ー55米ドルになるとした上で、原油価格の増加も経済を後押しすると分析。その上で2021年のGDP成長は6.2%ー6.7%に上るとの予測を示した。
政府系金融機関MIDFの調査部門、MIDFリサーチは、通年のGDP成長予測をマイナス2.1%からマイナス4.8%に下方修正した。新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大および地政学的リスクの影響を受けている現在の動向に基づくと景気は依然として弱い動きがあるが、景気対策と利下げが奏功し、経済が徐々に回復するとした。

提供:ASIA INFONET
http://www.malaysia-navi.jp

#マレーシア #マレーシアニュース #マレーシア現地情報 #日本語情報誌 #フリーペーパー #コロナウイルス #コロナ #ニュース #ハローマレーシア #パノーラ #ジェイスポ #マレーシア在住 #在マ邦人 #マレーシア生活 #クアラルンプール #Panora #Jspo #Hellomalaysia #Malaysia #KL #MCO #Covid19 #CMCO #RMCO

その他のニュース
OTHER NEWS