Hello Malaysia

golfcol皆さんこんにちは。ゴルフの調子はいかがでしょうか。ゴルフの疲れを

好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて…
鈴木秀純
テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ

ゴルフのインパクトは太鼓を叩くように!?

 皆さんこんにちは。ゴルフの調子はいかがでしょうか。ゴルフの疲れを癒すにはクエン酸が良いそうです。クエン酸はレモンやライム、梅干しなどに多く含まれていますので、ゴルフの後夕食と一緒に取ると寝ている間に体が回復しやすくなります。酸っぱいですけどリンゴ酢もおススメです。    さて今週は、「ゴルフのインパクトは太鼓を叩くように」というお話です。皆さんゴルフのスイングってインパクトで止まる感覚はあまり持っていませんよね。多くのアマチュアの方は止まらずに振りぬく感じを持っていると思います。でも、実は上級者はインパクトで太鼓を叩くように体や腕を「止めて」いるんです。太鼓を叩く時ってバチで弾くようにしていませんか。1度目の音が鳴るタイミングで2度目の動作に入っていますよね。でも太鼓のバチは慣性の法則で1度目の音を鳴らしているはず。体や腕が止まっていたり、2度目の動作に入っていても太鼓のバチはとまりませんね。ここがゴルフスイングも同じなのです。トップからダウンスイングが始まり、一度加速しはじめるとゴルフクラブは急に止まれません。スイング中に体や腕を止めようとしてもゴルフクラブは慣性の法則でボールをヒットするのです。体や腕を止めようとした方が実はヘッドスピードは上がり、遠くに飛ばすことができるのです。太鼓の場合、体や腕を止めてバチに太鼓を叩かせると良い音が鳴るのと同じなのです。他にもヨーヨーやコマ回しも似たような感覚になります。慣性の法則によるエネルギーの方向と逆方向に力を働かせるとより効果がでるということなんです。日本の豊かな文化がゴルフに通ずるのはとても面白いところですね。

 さて今週は「メモする習慣」についてお話します。私にとってのメモの習慣は、学生時代に野球ノートを書くようになったことが最初でした。野球という団体スポーツで同時に寮生活も経験したことで、観察力と洞察力が身についたと思っています。毎月のパノーラの記事と隔週のJスポの記事を読んでいただいている生徒さん達から「よく記事のアイデアが尽きませんね」と言われるのですが、「日々瞬間瞬間を意識して気づいたことをメモしてそれを記事にしているんですよ」とお伝えしています。 例えば、人の歩き方を見て「あ~肩甲骨と股関節がしっかり動いていて良い歩き方だな」と思ったり。足を組んで椅子に座っている姿を見て「あ~股関節が歪んでしまっているだろうな」と思ったり。暑いのでうちわを仰いでいる動きを見て「あ~この人内旋(内側出力)タイプだな」と思ったり。飲み物を飲む動きを見て「あ~肘が上がっているから踵重心タイプだな」と思ったり。3~4人の会話中に「あ~この人は気遣いができて意図的に全員共通の話題を振って良い場の雰囲気を作れる人だな」と思ったり。言動の節々から「あ~この人はせっかちでめんどくさがりだな」と思ったり。日常の中にいろんなメモすべきヒントがあると思っています。

 瞬間瞬間を意識して日常生活を送ることで気づけることが増えてくるのですが、残念ながら気づきは一瞬で消えるのでメモをしないと忘れてしまうことがあるのです。そうした習慣が身についてくると、人の気づかないことに気づけるようになってきます。何気ない日常をよく観察する。お話する相手をよく洞察する。気づきのヒントが人の言葉や行動だったりしますので、場の雰囲気を良くするために「今〇〇さんはこんなことを考えていますよね?」と見えてきたことを尋ねたりもましす。毎日何も気づかず365日行動する人と毎日何かに気づいて365日行動する人とでは、きっと一年の気づくことは違うものになるでしょう。シャワー中にアイデアが浮かぶこともあります。トイレ中にアイデアが浮かぶこともあります。歩いているとアイデアが浮かんだり、車の運転中にアイデアが浮かぶこともあります。日々の日常の中に人の動作、態度や様子を観察し気づけるようになると、人から自分が何を求められているのかを感じ取る洞察力も鋭くなっていきます。そうして気づいたことをメモする習慣がゴルフにも役立ってくるのですね。

テンプラーパークCCゴルフアカデミー
Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617
Email: hidezumi2263@gmail.com
Website: https://hidezumi2263.wixsite.com/golflesson