ここ数年、日本人のお子様のインター校進学が増加傾向と言われる

実際のところ、どうなんですか?!

インター校へ入るための英語力

ここ数年、日本人のお子様のインター校進学が増加傾向と言われるマレーシア。お子様を英語環境で育てることができるのは今だからこそですよね。ただ、インター校入学に興味はあるものの、どの程度の英語力が必要なのか心配、という声も。そこで、グレード7〜11(12〜16歳)&IBDP1・2(16〜19歳)の生徒が通うカナダ系インター校「サンウェイインターナショナルスクール」(SIS)に、英語力についてお伺いしました。

Heath Kondro
校長先生

SISでの「英語力」とは?

Question 1
SISへの入学時に、どの程度の英語力が求められますか?

通常のグレードに入学する場合、各グレードで決められた必要条件を満たす必要があります。評価基準は各グレードによって異なります。各生徒のレベルをチェックし、適切なクラスに配置するため、予備審査によって英語の熟練度を測ります。通常グレードのほか、当校にはEAP(English for Academic purposes)という英語のサポートクラスがあります。もし、通常グレードの入学基準に満たない場合でも、書き&話し言葉において、最低限のシンプルな文章を正確に作れなければいけません。また、語彙は少なくとも、英語で聞かれたことを理解して応答できなければなりません。これには読解問題、正誤問題、選択問題などが含まれます。このテストに合格すれば、EAPに入ることも可能です。

Question 2
SISの生徒さんは入学後、どのように英語力を伸ばしていますか?

英語を操るには、自分の身を英語環境に置き、多国籍な生徒たちとの交流を図ることは一助になるでしょう。また、寮生のルームメイトは、英語を使う機会を増やすため、外国人生徒同士を組み合わせています。結論として、英語を使えば使う程上達は早くなります。また、できる限り早い段階でSISに入学してもらえれば、それだけ長く英語環境に身を置けることになります。

Question 3
SISに興味を持っている日本人のお子様へメッセージをお願いします

SISは皆さんを温かくお迎えします。英語を身につける!という意欲さえあれば、現状の英語力不足を心配する必要はありません。大事なのは、学校のアクティビティには全て参加し、間違いを怖がらないこと。学校は、間違いをし、学ぶ場所です。宿題などに全力で打ち込めば、必ず結果がついてきます。教師陣は皆さんの手助けをするためにいますので、手間暇は惜しみません。

SISの英語
サポートクラスとは?

Question 1
SISの英語サポートクラスとは、
どのようなものですか?

SISには、EAP (English for Academic purposes)とESL (English for Second language class)の2種のクラスがあります。これらは通常グレードに進むための大切なクラスです。それぞれのクラスの違いはというと、EAPは英語初心者用集中クラスで、通常グレードへの進学に向けて半年間英語をじっくり学びます。一方ESLは、EAPを合格した生徒が通常グレードに進学した後にとる、レベル別教科の1つです。セメスターごとに昇級テストがあり、上のレベルを目指します。

Question 2
EAP / ESLでは、どのような 授業が行われますか?

EAPもESLも普通の授業の1つですが、授業は面白ければ面白いほど、学習効果が高まるので、SISでは好奇心を持てるようテクノロジーや実際の生活の場面を通して英語を教えています。また、教材を生徒たちの生活と関連付けることで、生徒が授業に参加しやすくなる工夫もしています。例えば、授業の一環としてボーリングに行き、ボーリングの遊び方を知っている生徒が知らない生徒に英語で教えるんです。外国人生徒間でのやりとりは、英語学習において幅広い可能性があります。さぁ、SISで心から興味の持てる英語クラスを体験しませんか。

FACILITIES IN SUNWAY INTERNATIONAL SCHOOL!

SISの施設をちょこっと見せちゃいます!

SISホール
集会から、フットサル、バドミントン、バレーボール、バスケットボールなどのスポーツ活動、学芸会など、様々なアクティビティが行われるのがこのホールです。

SISハウス
学生のうちに自立した生活を経験したい生徒のため、学校の目の前に寮が併設されています。

専用教室
演劇室、美術室、音楽室に科学実験室など、各教科に特化した専用の教室が完備されています。

やっぱり気になる!
学費のこと

SISへの入学を検討する際、入学金や学費の他にも、知っておいた方がいい項目を教えていただきました。

2020年入学の場合(グレード7〜11&IBDP1・2)
・ 申請料(申込時)- RM1,000
・ 入学金 – RM4,000〜8,000(グレードにより変動)
・ 保証金 – RM10,000
・ 学費(年間)- RM39,900〜52,900(グレードにより変動)
・ 国際管理費(年間)- RM1,500
・ オンタリオリテラシーテスト – RM400/回(グレード9~11)
・ 教材費(年間)- RM5,000(IBDP1・2)
・ 制服(2セット)• 体操着(1セット)- RM500

* グレード8以上はノートパソコンが必須です。最低限必要なスペックを満たすものの購入をお勧めします
* 校外学習などに参加する場合は、随時主催者に支払う必要があります