golfcol皆さんこんにちは。ゴルフの調子はいかがでしょうか。乾季に入った

好評連載ゴルフコラム一球一球心を込めて…
鈴木秀純
テンプラーパークCC所属プロKL日本人学校卒のPGAプロ

お風呂に浸かって疲れをとる

 皆さんこんにちは。ゴルフの調子はいかがでしょうか。乾季に入ったマレーシアのゴルフは地面が固くなり、ドライバーのランが増えるため飛距離が伸びますね。比較的この時期にベストスコアーを更新する方が増えるのですが、同時にグリーンも硬くなりますので、時にはSWでもボールが止まらなくなってきます。転がすアプローチも考慮しながら攻略すべきかもしれませんね。    

 さて今週は、常夏のマレーシアでお風呂に浸かる習慣というお話です。日本ではお風呂に浸かる習慣だったり、温泉や健康ランドに行ったりする機会があると思いますが、マレーシアにお越しになってお風呂に浸かった回数を数えてみると、どうでしょうか。日本にいた時よりもお風呂に浸かっていない人が多いのではないでしょうか。マレーシアの住居環境はシャワーしかついていないというところも多く、気候も暑いですので、ついつい簡易にシャワーだけで済ませてしまいがちです。マレーシアに来てから一度も湯船に浸かっていなかった方が久しぶりに湯船に浸かると「やっぱお風呂はいいなぁ」と実感するようです。人間の体温には個人差がありますが、36.5度~37度の間なら問題ないのですが、マレーシアのエアコンの中で仕事をし、特に体温が35度台の方は免疫力が高くないため体調を崩しやすいようです。そんな方は週に2~3回はお風呂に浸かって体温を1度以上あげるように習慣化するとよいでしょう。  
 
 私もできるだけテンプラーパークCCのお風呂に浸かるようにしています。お湯の温度は40度くらいです。20~30分週に2~3回浸かっています。20分~30分浸かると体温が38度を超えますので、次の日の朝がとても爽快です。もちろんお風呂上りはとても暑いのですが、ゴルフの疲れを取りたい方、日頃のストレスを解消したい方にはおすすめです。

テンプラーパークCCゴルフアカデミー
Tel: +6017-355-8615 / +603-6091-9617
Email: hidezumi2263@gmail.com
Website: テンプラーパーク レッスン 検索